16.20 - 行パーティション テンポラル テーブル - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

テンポラル テーブルに対するCurrent問合わせのパフォーマンスを向上するには、テーブルを行パーティション化する必要があります。このテーブルは、論理的に現在行のセットと、履歴行のセットに分割されます(transaction-time次元では、オープン行とクローズ行)。current問合わせは、自動的に現在行(またはオープン行)を格納するパーティションを対象にします。

テンポラル テーブルに列パーティション化を適用することもできますが、ここで説明する行パーティション化が、テンポラル テーブルに使用されるパーティション化のタイプの1つとして必ず構成される必要があります。