16.20 - CHECK制約 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

チェック制約により、制約列の値は、チェック制約を定義するときに指定されるブール式を必ず満たすことが保証されます。

  • CURRENT VALIDTIME CHECK制約は、有効時間で現在行および将来行になる行にのみ実施されます。そのため、有効時間で履歴行になる行に変更を加えても、制約違反のチェックは実行されません。
  • SEQUENCED VALIDTIME CHECK制約は、有効時間での履歴行、現在行、および将来行に実施されます。
  • NONSEQUENCED VALIDTIME CHECK制約は、valid-time列を非テンポラル列として扱うため、非テンポラル テーブルに対するチェック制約と同様に機能し、テーブルに含まれるすべてのオープン行に実施されます。つまり、nonsequencedとsequencedのチェック制約は、テンポラル テーブルに対して同じ効果を示すことになります。