16.20 - 構文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN
<Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート>では、特にテンポラル テーブルに関連する構文について説明します。必須ではない構文やテンポラル テーブルに固有ではない構文は、基本的にこのドキュメントには示されていません。その他の構文については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>、および<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。






view_name
再帰ビューの名前。
database_name
view_nameを含めるデータベースまたはユーザーの名前を指定します(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。
user_name
column_name
ビュー列の名前を指定します。複数の列を指定する場合には、各列がビュー用に表示される順序で、名前を列挙します。
CURRENT VALIDTIME
seed_statementがvalid-time次元でcurrent問合わせになることを指定します。結果セットは非テンポラル テーブルです。
VALIDTIME AS OF date_timestamp_expression
seed_statementは指定したAS OF式と有効期間が重なる行を取得することを指定します。結果セットは非テンポラル テーブルです。

date_timestamp_expressionは、日付値またはタイムスタンプ値で評価される定数、スカラーUDF、スカラー サブクエリー、またはビジネス カレンダ関数にすることができます。

NONSEQUENCED VALIDTIME
seed_statementがvalid-time次元でnonsequenced問合わせになることを指定します。period_expressionを指定すると、nonsequenced問合わせによって有効時間を含むテーブルが生成されます。これを指定していない場合の結果セットは、非テンポラル テーブルになります。
valid-timeテーブルの結果セットには、重なったvalid-time期間用の追加の列が含まれます。ビューの列のリストに追加の列の名前が指定されていない場合、デフォルト名は"VALIDTIME"になります。
period_expression
Nonsequenced問合わせの適用期間。
CURRENT TRANSACTIONTIME
seed_statementまたはrecursive_statementがtransaction-time次元でcurrent問合わせになることを指定します。結果セットは非テンポラル テーブルです。
TRANSACTIONTIME AS OF date_timestamp_expression
seed_statementまたはrecursive_statementが指定したAS OF式と行内のtransaction-time期間が重なる行を取得することを指定します。結果セットは非テンポラル テーブルです。

date_timestamp_expressionは、日付値またはタイムスタンプ値で評価される定数、スカラーUDF、スカラー サブクエリー、またはビジネス カレンダ関数にすることができます。

NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME
seed_statementまたはrecursive_statementがtransaction-time次元でnonsequenced問合わせになることを指定します。nonsequenced問合わせは結果セットとして非テンポラル テーブルを生成します。
AS OF date_timestamp_expression
seed_statementまたはrecursive_statementは指定したAS OF式とvalid-time期間およびtransaction-time期間が重なる行を取得することを指定します。

date_timestamp_expressionは、日付値またはタイムスタンプ値で評価される定数、スカラーUDF、スカラー サブクエリー、またはビジネス カレンダ関数にすることができます。

seed_statement
CREATE RECURSIVE VIEWまたはREPLACE RECURSIVE VIEWの、既存のシードSELECT文の構文。
recursive_statement
CREATE RECURSIVE VIEWまたはREPLACE RECURSIVE VIEWの、既存の再帰SELECT文の構文。