16.20 - 例: Transaction-TimeテーブルのNonsequenced問合わせ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

transaction-time列に特別なセマンティクスが設定されていないtransaction-timeテーブルを問合わせるには、SELECT文にNONSEQUENCED TRANSACTIONTIMEテンポラル修飾子を使用します。例えば、次のようになります。

   NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME SELECT * FROM Policy_Types;

Policy_Name          Policy_Type  Policy_Duration
-------------------  -----------  ----------------------------------------------------------------------
Premium Automobile   AP          ('2012-06-19 20:04:18.470000-07:00', '9999-12-31 23:59:59.999999+00:00')
Basic Homeowner      HM          ('2012-06-19 20:04:32.410000-07:00', '9999-12-31 23:59:59.999999+00:00')
Business             B           ('2012-06-19 20:04:32.680000-07:00', '9999-12-31 23:59:59.999999+00:00')
Basic Automobile     AU          ('2012-06-19 20:04:32.470000-07:00', '9999-12-31 23:59:59.999999+00:00')
Major Medical        M           ('2012-06-19 20:04:32.550000-07:00', '2012-06-19 20:19:54.100000-07:00')
Premium Homeowner    HP          ('2012-06-19 20:04:32.610000-07:00', '9999-12-31 23:59:59.999999+00:00')

Major Medicalポリシーはクローズ行であることに注意してください。この終了トランザクション時間は、9999年12月31日よりも前です。これは、2012年6月19日の終了トランザクション時間に行がテーブルから論理的に削除されたことを示します。ただし、行がtransaction-time次元を持つテーブル内にあるため、物理的な行はクローズ行としてテーブルに持続します。