16.20 - 更新可能なビュー - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

テンポラル テーブルに作成したビューは、非テンポラル テーブルの更新可能ビューに存在するすべてのルールと、次に示す項目を満たしていれば更新可能といえます。

  • valid-timeテーブルのビュー、または別のビューの場合、valid-time修飾子をSEQUENCED VALIDTIMEにする必要があります。ただし、適用期間を指定してはいけないという制限が付きます。
  • transaction-timeテーブルのビュー、または別のビューの場合、transaction-time修飾子をSEQUENCED TRANSACTIONTIMEにする必要があります。
  • 二重テンポラル テーブルのビュー、または別のビューの場合、valid-time修飾子をSEQUENCED VALIDTIMEにして、transaction-time修飾子をSEQUENCED TRANSACTIONTIMEにする必要があります。
  • テーブルをAS OF句で指定してはいけません。

sequenced更新可能なビューは、current、sequenced、nonsequenced、および非テンポラルのDML操作を実行できます。ビューに発行されるcurrentまたはsequenced形式のUPDATEは、valid-time列とtransaction-time列の値を変更します。更新可能なビューにUPDATEを実行するために通常必要になる権限に加えて、valid-time列に対するUPDATE権限が必要になります(transaction-time列に対する追加の権限は必要ありません)。

更新可能ビューにWITH CHECK OPTIONが指定されていて、そのビューを使用して行が更新されるときには、変更される行のみが違反のチェック対象になります。テンポラル セマンティクス(たとえば、transaction-time次元での行のクローズ)の一部としてシステムによって挿入された行は、テンポラル セマンティクスを維持するために作成されるものなので、このようなチェックから除外されます。