16.20 - テンポラル テーブルの容量に関する計画 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

通常テンポラル テーブルには、同等の非テンポラル テーブルよりも多くの行が格納されます。これは、ほとんどの種類の変更の結果として、テンポラル テーブルに自動的に行が追加されるという仕様のためです。さらに、通常の状況下では、トランザクション時間次元を含むテンポラル テーブルから「削除された」行が物理的に削除されることはありません。

同じ理由から、変更の頻度とその変更の種類に応じて、テンポラル テーブルは非テンポラル テーブルよりも短時間で増大する可能性があります。transaction-time列を含むテーブルは一方的に増大し、縮小することはありません。これは、このようなテーブルから、物理的に行が削除されることがないためです。

下記の表では、transaction-time列を含むテンポラル テーブルが、テーブルの変更の種類と頻度に応じて増大する様子を示しています。valid-timeテーブルは、それほど増大することはありません。これは、valid-timeテーブルの行はテーブルから物理的に削除できるためです。

ここに示した例を使用して、容量に関する計画のために、テンポラル テーブルの年間増大率を推定してください。

非テンポラル テーブルのテーブルと行のサイズを計算するフォームは、Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094にあります。
  • sequenced 変更は、通常、実在の履歴に対する変更になります。
  • 慎重な推定を反映するために、テーブル サイズの増加計算は、各タイプの変更で生成される可能性のある最大の行数に基づいています。