16.20 - 構文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN
<Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート>では、特にテンポラル テーブルに関連する構文について説明します。必須ではない構文やテンポラル テーブルに固有ではない構文は、基本的にこのドキュメントには示されていません。その他の構文については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>、および<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。








database_name
任意選択のデータベース名またはユーザー名。これは、結合インデックスが現在のデータベースまたはユーザー以外のデータベースまたはユーザーに含まれる場合に指定します。
user_name
join_index_name
この文によって作成される結合インデックスの名前。
standard options
テンポラル テーブルと非テンポラル テーブルに対して同一の標準テーブル オプションと結合インデックス オプションを指定します。これらのオプションの詳細については、SQLデータ定義言語を参照してください。
CURRENT VALIDTIME
結合インデックスは有効時間でcurrentになります。
select_statementは、有効時間でcurrentであるvalid-time列を結合インデックス定義に射影する必要があります。列が派生PERIOD列である場合、派生PERIOD列の構成要素列を射影する必要があります。
SEQUENCED VALIDTIME
結合インデックスは有効時間でsequencedになります。
select_statementは、有効時間でsequencedであるvalid-time列を結合インデックス定義に射影する必要があります。列が派生PERIOD列である場合、派生PERIOD列の構成要素列を射影する必要があります。
NONSEQUENCED VALIDTIME
結合インデックスは有効時間でnonsequencedになります。
AND
valid-time修飾子とtransaction-time修飾子の両方を指定するためのキーワードを指定します。valid-time修飾子とtransaction-time修飾子を一緒に使用する場合、任意の順序で指定できます。
CURRENT TRANSACTIONTIME
結合インデックスはトランザクション時間でcurrentになります。
select_statementは、トランザクション時間でcurrentであるtransaction-time列を結合インデックス定義に射影する必要があります。列が派生PERIOD列である場合、派生PERIOD列の構成要素列を射影する必要があります。
NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME
結合インデックスはトランザクション時間でnonsequencedになります。
select_statement
結合インデックスを作成するための従来型のSELECT文です。