16.20 - リソースの消費 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

テンポラルDML文では、新しいテーブルに新しい行を挿入したり、テーブルから論理的に行を削除することがあるので、テンポラル テーブルは非テンポラル テーブルよりも大きな領域を占有することになります。さらに、トランザクション時間を含むテーブルでは、テーブルから物理的に行が削除されることがない( ただし、特別な権限が必要なNONTEMPORAL DELETE文を使用して、明示的に行を削除する場合を除く)ため、トランザクション時間を含むテーブルは一方的に増大します。

非テンポラル テーブルと比較すると、行操作の回数の増加によって、テンポラル テーブルに対するSELECT文およびDML文はさらに多くのリソースを消費するようになります。テンポラル テーブルに定義した制約は時間を認識するので、テンポラル テーブルに対する制約のチェックでも、非テンポラル テーブルの場合よりも多くのリソースを消費します。

テンポラル テーブルに対する操作によるパフォーマンスの影響を軽減するには、次に示す項目を実行します。

  • 行パーティション テンポラル テーブル。このセクションに記載の推奨されるパーティション式を使用してください。
  • テンポラル テーブルに適切な結合インデックスを定義します。