16.20 - Nonsequenced更新 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

nonsequenced更新は、状態を問わず指定した行を変更します。nonsequenced更新は、有効時間を含むテーブルの更新時にvalid-timeセマンティクスを無視します。

トランザクション時間を含むテーブルでは、nonsequenced更新操作の対象がオープン行に限られます。nonsequenced更新は、valid-time列を有効時間を含むテーブルの通常の列と同様に扱います。valid-timeテーブルに対して、nonsequenced更新がcurrent更新やsequenced更新のように複数の行を作成することはありません。

トランザクション時間を含むテーブルの場合、行のnonsequenced更新では、最初に既存の対象行をクローズしてから、更新された列を保持する新しい行を挿入します。これは、列値が変更された場合に限られます。行に変更が加えられなかった場合には、既存の行がクローズされることはありません。valid-timeテーブルの場合、nonsequenced更新では、通常の更新と同様に、既存の対象行を変更します。

nonsequenced更新では、valid-time列を従来型のPERIOD列のように更新できるため、valid-time列を割り当てリスト内で使用することができます。

transaction-timeテーブルまたは二重テンポラル テーブルに対するすべての変更について、その変更が同一のトランザクションに含まれているかどうかに関わらず、変更内容が記録されることになります。

複数のテーブルを結合するnonsequenced更新は、通常の結合と同様になります。valid-time列は、通常の列と同様に結合に関与することがあります。