16.20 - テンポラル テーブル サポートの概要 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

Teradata Databaseでは、テンポラル データベース管理システムに必要なビルトイン機能を提供しています。テンポラル データ型とテンポラル文により、時間および時間の経過に伴い変化する情報を表現する必要があるアプリケーションの作成が容易になります。

機能 説明
テンポラル データ型 固定期間を表わすPERIODデータ型です。
テンポラル列の属性 DATEやTIMESTAMPなどのDateTimeデータ型を使用して表現できるユーザー定義の時間に加えて、Teradataのテンポラル テーブル サポートには、テンポラル列属性を使用してvalid-time次元とtransaction-time次元をテーブルに追加する機能が備えられています。
テンポラル文 既存の文にテンポラルのバリエーションを使用すると、テンポラル テーブルの作成や変更、時間経過に伴って変化するデータの問合わせや変更ができるようになります。

問合わせと変更には、時間次元を参照するテンポラル修飾子を含めることができます。テンポラル修飾子は、データに対する基準またはセレクタとして機能します。この問合わせや変更は、時間の基準を満たすデータにのみ作用します。通常、テンポラルDML文は次のように修飾できます。

  • CURRENT。現在有効なデータにのみ作用します。
  • SEQUENCED。指定した期間で有効なデータにのみ作用します。
  • AS OF。指定した時点において有効なデータにのみ作用します。
  • NONSEQUENCED。時間次元が無視され、そのテーブルは非テンポラル テーブルとして扱われます。DML文は、テーブル内のすべてのデータに適用されます。