1.8 - スクリプトのジョブの実行 - Teradata AppCenter

Teradata® AppCenter ユーザー ガイド

prodname
Teradata AppCenter
vrm_release
1.8
created_date
2019年5月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-1111-039K-JPN
"" ユーザー、管理者

ジョブを実行すると、AppCenterはTeradata Vantage、Teradata Database、Aster Database、Hive、またはPrestoシステムからデータを照会します。rootユーザーは、このスクリプトのジョブを実行するときに指定するシステムを最初に作成する必要があります。

必要な設定が完了したら、ジョブを実行できます。スクリプトのジョブは、必要に応じて何度でも実行できます。複数のジョブを同時に実行し、それぞれ独自の結果を得ることができます。

電子メール アカウントが構成されている場合、AppCenterはジョブ ステータスに関する通知を送信します。

  1. "" > 開発を選択し、スクリプトを選択します。
  2. 実行を選択し、次の考慮事項に従って設定を完了します。
    設定 考慮事項
    システム
    • 管理者がこのスクリプトにサービス アカウントを割り当てている場合、AppCenterは自動的にデフォルト システムのサービス アカウントを使用するオプションを選択します。資格情報を入力する必要はありません。
    • 管理者がこのスクリプトにサービス アカウントを割り当てていない場合は、システムの資格情報を入力し、続けるをクリックします。
    パラメータ(オプション)
    • スクリプトのアップロード時にパラメータを追加しなかった場合は、このセクションを省略します。
    • AppCenterは、ジョブ パラメータの名前と値にマルチバイト文字をサポートします。
    • スクリプトのアップロード時に必要なパラメータを追加した場合は、関連付けられた設定を選択します。
    • このスクリプトのアップロード時にオプションのパラメータを追加した場合は、関連付けられた設定を選択するか、パラメータをクリアします。
    スケジュール(オプション)
    • スケジュールを選択してジョブを実行する場合は、後でスケジュール オプションを変更できません。
    • AppCenterは、実行履歴に選択したスケジュール オプションを表示します。
    タイトルと説明(オプション)
    • タイトルと説明は省略可能です。
    • タイトルと説明の両方、タイトルのみ、または説明のみを含めることができます。
  3. [オプション]ジョブの実行ステータス(使用されているジョブ パラメータ、エラー メッセージ、該当する場合は結果へのリンクなど)については、実行履歴を選択します。