16.20 - 概要 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1186-162K-JPN

有効時間とは、行内の情報が実世界のアプリケーションで有効または真である期間のことです。(ANSIでは、この期間を「アプリケーション時間」といいます。)valid-time列には、保険証書や契約が有効である期間、従業員の雇用期間など、時間を認識した手法での追跡や操作が重要になる情報を格納します。

valid-time表は、表の行内の情報に期限が定められていて、時間を認識した手法で行の情報を保守、追跡および操作する必要のある場合に使用してください。

valid-time表は、行の変更頻度が比較的少ない場合に最適です。POS (販売時点情報管理)表など、非常に頻繁に変更される属性を表現するには、valid-time表よりもイベント表の方が適しています。イベント テーブルにはテンポラル セマンティクスを適用しません。

このセクションには、ANSIテンポラル テーブルに適用される構文、ルール、およびその他の詳細についての説明のみが含まれています。示されている構文図は、テンポラル構文に重点を置く全体図から抜粋した図です。

ここで説明した従来の非テンポラル バージョンのSQL文に適用される既存のルールとオプションのほとんどは、テンポラル文にも適用されます。非テンポラル ルールとオプションについては、ここでは繰り返しません。従来の非テンポラルSQL DDLおよびDML文の詳細は<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>と<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。