16.20 - Attributionの目的 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN

Attribution関数はWebページの分析に使用しますが、そこでは企業が製品購入などの特定のイベントの前にページに重みを割り当てることができます。

この関数では、複数のテーブルからデータとパラメータを受け取り、属性を出力します。



ML Engine Attribution_MLE関数には2つのバージョンがあります:
  • 多入力: 1つ以上の入力テーブルを受け入れ、他のディメンション テーブルから多数のパラメータを取得します。
  • 単一入力: 1つの入力テーブルだけを受け入れ、引数からすべてのパラメータを取得します。

Teradata Database Attribution関数は、多入力バージョンに対応します。

出力が表示される前に3秒以上実行されるクエリーは、関数に入力された引数が正しくないことを示します。