16.20 - tptスクリプトの実行 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN
Teradata Databaseを表示している状態で、そこには自分で記述したtptスクリプトとJobVariablesFileを含んでいるフォルダがあります。
  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. tptスクリプトとJobVariablesFileがあるフォルダに移動します。
  3. 次のコマンドでtptスクリプトを実行します。
    tbuild -f tptfile -v JobVariablesFile -j jobid

    ここで、tptfileJobVariablesFileは自分で記述したtptスクリプトとJobVariablesFileの名前、jobidはこのtbuildジョブに付ける名前です。