16.20 - nPath®の目的 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - NewSQL Engineの分析関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1206-162K-JPN

nPath関数は行のセットをスキャンし、指定するパターンをさがします。パターンに一致する入力行のセットごとに、nPathは1つの出力行を生成します。この関数には柔軟なパターンマッチング機能があり、これにより入力データで複雑なパターンを指定し、一致した入力セットごとに出力される値を定義できます。



nPathは、結果につながるパスを識別することが目的の場合に便利です。例えば、nPathを使用して以下を分析できます。

  • Webサイトのクリック データ。指定した金額を超える売上につながるパスを識別します。
  • 産業プロセスからのセンサー データ。粗悪な製品品質へのパスを識別します。
  • 個々の患者の医療記録。患者が心臓病や糖尿病などの疾患を発症する危険があることを示すパスを識別します。
  • 個人の財務データ。クレジットや詐欺のリスクに関する情報をもたらすパスを識別します。

nPath関数からの出力は、他のML Engine関数またはTeradata AppCenterなどの視覚化ツールに入力できます。

ML Engine nPath出力のサンキー ダイアグラム