16.20 - 夏時間 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

夏時間(DST)を監視するロケールは、一年のうちDSTの時期だけ時計の針を1時間早める(前に進める)よう設定し、その後時計の針を戻すよう設定して時計を標準時に戻します。

Teradata Databaseは、タイムゾーン文字列を使用するよう切り替えて取り次ぐことにより、自動的にDST時刻を考慮できます。タイムゾーン文字列を使用すると、UTCからの時刻のオフセットに基づいて、ロケールに関する名前付きタイムゾーンを定義できます。DSTを監視するロケールの場合、DSTの開始時や終了時を定義するルールをタイムゾーン文字列に含めることができます。Teradata Databaseはこの情報を使用して、該当する時刻や日付の情報の扱い方を判別し、DSTを監視するロケールに該当するようにタイムゾーンのオフセットを自動的に調整します。

詳細情報 参照先
タイムゾーン文字列
  • Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093
  • Teradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145
  • <Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>の「Teradataロケール定義ユーティリティ」