16.20 - 例: NAMED句の使用 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

以下のSELECT文では、NAMED句を使用して算術式に名前「Projection」を割り当てることによって、計算結果の列をWHERE句で容易に参照できるようになります。また、レポートの見出し(TITLE)は、さらに意味のあるものになります。

SELECT Name, ((Salary + (YrsExp * 200))/12) (NAMED Projection)
FROM Employee
WHERE DeptNo = 600 AND Projection < 2500;

この例のANSI構文は、ASの例2の場合と同じです。