16.20 - デフォルト値の制御句の使用 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

目的

デフォルト値の制御句は、フィールドの値が指定されない場合の動作を決定するものです。

ルールおよび指針

デフォルト値の制御句には、以下のルールおよび指針が適用されます。
  • デフォルト値の制御句は、以下のデータ定義とともに使用される場合にのみ有効です。
    • CREATE TABLEおよびALTER TABLE文で定義されたフィールド
    • CREATE MACROおよびREPLACE MACRO文で定義されたパラメータ
  • デフォルト値の制御は、ビューと式には効力がnot
  • フィールドのデフォルト値は、NOT NULLを指定していなければNULLになります。NOT NULLを指定すると、DEFAULT句を指定しない限り、デフォルト値は存在しなくなります。
  • NULLが存在すると、クエリーのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。したがって、列内でNULLを使用する予定がない限り、NOT NULLのデフォルト値句を使用するよう配慮してください。

デフォルト値制御句については、このセクションの以降の項目で個別に説明します。