16.20 - 列とテーブルの制約 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

テーブルの作成時および修正時に、制約を指定することができます。

列制約は、列定義の一部として単一の列に対して適用されます。列制約には、次のものがあります。
  • 単一列に対するCHECK制約定義句
  • 単一列に対するPRIMARY KEY制約定義句
  • 単一列に対するREFERENCES制約定義句
  • UNIQUE制約定義句
テーブル制約は、複数の列に対して適用されます。テーブル レベルの制約には、次のものがあります。
  • 複数列に対するCHECK制約定義句
  • 複数列に対するREFERENCES制約定義句
  • 複数列に対するPRIMARY KEY制約定義句
  • 複数列に対するUNIQUE制約定義句
  • FOREIGN KEY制約定義句

    FOREIGN KEY制約定義の場合、REFERENCES句も指定する必要があります。

制約の構文に関する詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「ALTER TABLE」と「CREATE TABLE」の部分を参照してください。