16.20 - システム デフォルトのDATEの形式 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

DateFormの値がANSIDateの場合、システム デフォルトDATE形式はYYYY-MM-DDです。DateFormの値がIntegerDateの場合、システム デフォルトDATE形式はYY/MM/DDです。

DateFormがIntegerDateに設定されている場合、システム管理者は、DATEデータ型に適用されるデフォルト形式を変更できます。デフォルトのDATE形式を変更する場合、カスタム データ形式仕様(SDF)ファイルの中の日付要素の値を変更し、tdlocaledefユーティリティを使用して情報をTeradata Databaseで使用できる内部形式に変換することになります。

SDF内のデフォルトDATE形式を設定または変更した結果は、DateFormの場合と同じですが、SDF内のデフォルトDATE形式の場合は日付値のエクスポート データ型は変更されないという点が違います。

システム デフォルトDATE形式の値を調べるには、HELP SESSIONを使用します。