16.20 - 例: SELECT文でのTITLE句の使用 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

列の作成時に標題を指定する場合、その列にアクセスする文では、標題の名前ではなく、定義された列の名前を指定する必要があります。例えば、ユーザーのPetersonの各プロジェクトで作業した合計時間を検索するには、プロジェクト(project)の列を次のように参照する必要があります。

SELECT Proj_Id, SUM(Hours)
FROM CHARGES
WHERE EmpNo = 10001
GROUP BY Proj_Id ORDER BY Proj_Id ;

ただし、結果には次の標題が使われます。

 Project
      Id     Sum(Hours)
--------     ----------
PAY-0001            9.5
PAY-0002           34.5

TITLE句を検索の文にも使用して、デフォルトの標題を無効にすることもできます。

例えば、次のSELECT文のTITLE句では、DOBの列名をよりわかりやすい標題にします。

SELECT Name, DOB (TITLE 'Birthdate')
FROM Employee;

この文は、次の結果を返します。

Name         Birthdate
--------     ---------
Smith T       51/10/31
Newman P      56/08/29
Omura H       54/04/24
   .            .
   .            .

複数行のTITLE定義の文。

SELECT Name, DOB (TITLE 'Date//Of//Birth')
FROM Employee;

戻り値:

                Date
                  Of
Name           Birth
--------    --------
Smith T     51/10/31
Newman P    56/08/29
Omura H     54/04/24
   .           .
   .           .