16.20 - 時刻情報の形式設定文字 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

PERIOD(TIME)、PERIOD(TIMESTAMP)、TIMEおよびTIMESTAMPタイプの日付情報の形式設定を制御するには、FORMAT句の中で次の文字を使用します。

文字 意味
HH 時間を2桁の数として表わします。
MI 分を2桁の数として表わします。
SS 秒を2桁の数として表わします。
S(n)

S(F)

秒数の小数点以下の桁数。

nは0~6の数字で置き換えてください。または、秒数として小数点以下を表示する場合はFを使用します。

Fの値は、TIMEまたはTIMESTAMPデータの形式設定中に解決されます。その値は、データ型の宣言の中の小数点以下の精度の指定から取得されます。例えば、TIME(2)タイプの場合、Fは2になります。

Fの値が0なら、小数点記号は表示されず、そのデータの小数点部分も表示されません。

S(F)形式設定文字は、形式設定文字Dまたは分離文字.の直後に指定する必要があります。

PERIOD(TIME)、PERIOD(TIMESTAMP)、TIMEまたはTIMESTAMPの秒数の小数点以下の精度よりも小さいnを指定すると、エラーになります。

D 小数点記号。

FORMAT句の中にDが出現するたびに、現在のSDFのRadixSeparatorの値がそこにコピーされます。

.や:などの分離文字は、FORMAT句に指定できますが、それはRadixSeparatorの値に一致していない場合だけです。

T 24時間形式ではなく12時間形式で時刻を表示します。

現在のSDFのAMPMで指定される時刻が、出力文字列のうち、FORMAT句内でTが出現する位置にコピーされます。

Z タイムゾーン。

Zは、PERIOD(TIME)、PERIOD(TIMESTAMP)、TIMEおよびTIMESTAMPデータでの出力の中のタイムゾーン表示の配置を制御するものであり、TIME形式制御文字の先頭か末尾にのみ指定できます。

例えば、次の文ではTIME形式文字の前にZが含まれているFORMAT句が使用されています。

SELECT CURRENT_TIMESTAMP
(FORMAT 'YYYY-MM-DDBZBHH:MI:SS.S(6)');

PERIOD(TIME)、PERIOD(TIMESTAMP)、TIMEまたはTIMESTAMPデータにタイムゾーンのデータが含まれているなら、タイムゾーンは出力文字列にコピーされます。時間帯の形式は、時間帯の時間の指定方法に応じて、+HH:MIまたは-HH:MIです。

: コロンの分離記号。

出力文字列のうち、FORMAT句で指定した場所にコピーされます。これは、ANSI時刻に対するデフォルトの分離符号です。

現在のSDFの中のRadixSeparatorの値がコロンの場合、FORMAT句にこの文字を指定することはできません。

  終止符の分離記号。

これは、秒の小数部分に関して指定するのにも使用できます。

出力文字列のうち、FORMAT句で指定した場所にコピーされます。

現在のSDFの中のRadixSeparatorの値がピリオドの場合、FORMAT句にこの文字を指定することはできません。

- ダッシュの分離記号。

出力文字列のうち、FORMAT句で指定した場所にコピーされます。

h 時間の分離記号。

小文字のhが出力文字列にコピーされます。

形式設定文字hは、形式設定文字HHの後に指定しなければなりません。

現在のSDFの中のRadixSeparatorの値が小文字のhの場合、FORMAT句にこの文字を指定することはできません。

m 分の分離記号。

小文字のmが出力文字列にコピーされます。

形式設定文字mは、形式設定文字MIの後に指定しなければなりません。

現在のSDFの中のRadixSeparatorの値が小文字のmの場合、FORMAT句にこの文字を指定することはできません。

s 秒の分離記号。

小文字のsが出力文字列にコピーされます。

形式設定文字sは、形式設定文字SSまたはSSDS(F)の後に指定しなければなりません。

現在のSDFの中のRadixSeparatorの値が小文字のsの場合、FORMAT句にこの文字を指定することはできません。

B

b

ブランク表示の分離記号。

ブランクを表わすには、スペースの代わりにこの記号を使用します。

現在のSDFの中のRadixSeparatorの値がブランクの場合、FORMAT句にこの文字を指定することはできません。