アラート エスカレーション テスト | Teradata Server Management - 14.01 - アラート エスカレーション テスト - Server Management

Teradata® Server Management 製品ガイド

prodname
Server Management
vrm_release
14.01
category
ユーザー ガイド
構成
featnum
B035-6112-109K-JPN

アラートとイベントは、ノードまたはCMICからアラート検出パスを介してTVIバックエンドに移動します。アラート エスカレーション テストは、1つ以上の管理対象ノードまたはCMICの完全なエンドツーエンドのアラート検出パスをテストします。

Web Clientでアラート エスカレーション テストを使用して、次のすべてのアラート検出パスをテストします。
  • Server Managementドメイン内のすべてのノードと CMC
  • システム内のすべてのノードとCMC
  • 特定のノードまたはCMIC

テストが成功したか失敗したかを示すアラート サマリーが生成されます。 アラート検出パスが正しい場合、TVIバックエンドはアラート サマリーを受信します。 アラートはアラート サマリーに対して生成されませんが、AIC電子メール通知をサブスクライブするユーザーに通知が送信されます。

Web ClientでServiceConnectを最初に構成すると、すべてのノードとCMICでアラート エスカレーション テストが自動的に実行されます。