Server Managementの機能 | Teradata Server Management - 14.01 - Server Managementの機能 - Server Management

Teradata® Server Management 製品ガイド

prodname
Server Management
vrm_release
14.01
category
ユーザー ガイド
構成
featnum
B035-6112-109K-JPN
CMIC VM は、Server Management機能を実行するソフトウェア コンポーネントとサービスの組み合わせで構成されています。以下に機能を示します。
機能 説明
問題の検出、統合、および要約 CMICは、管理するソフトウェアおよびハードウェアのコンポーネントからイベントを収集し、ナレッジ ルールを適用して既知のシステムの問題を示すパターンを識別し、必要なサービス アクションを呼び出します。Teradata ServiceConnectが構成されている場合、これらのシステムの問題の状況がTeradataバックエンドにエスカレートされます。これらは、お客様のサービス契約条件によって、自動サービス インシデント作成の対象となる場合があります。
Teradata ServiceConnectソフトウェア パブリック ネットワークで構成および接続されているCMICは、リモート接続とTVIデータ アップロードの両方を提供するTeradata ServiceConnectソフトウェア エージェントをホストできます。複数のCMICが使用可能で、同じように構成されている場合、接続の冗長性を確立できます。

ServiceConnectソリューションの詳細について、またはSWSでServiceConnectを構成する手順については、<Teradata® ServiceConnect™ Guide, B035-5373>を参照してください。

アセット インベントリ 各CMICは、ハードウェアおよびソフトウェアのバージョン、ハードウェアの部品番号、ソフトウェア構成設定などのアセット データをシャシーから収集して保存し、このデータを管理してTeradataバックエンドに送信します。アセット情報を参照してください。
サポートパッケージと診断パッケージの収集と取得 CMICは、主に問題の診断に使用されるデバイス依存のサポート データのパッケージを収集し、取得します。