16.20 - 地理空間単一テーブル述部 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 地理空間データ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1181-162K-JPN
地理空間単一テーブル述部で構成されている場合、最適化ルーチンは、地理空間インデックスがあればこれを地理空間データへのアクセス パスに成り得ると評価します。このような場合、このインデックスにより、データへのアクセスと問合せの実行速度が大幅に向上します。サポートされている単一テーブル述部(距離メソッドST_DistanceとST_3DDistanceを除く) は、次のいずれかの形式を使用します。
SELECT a, b FROM TableName
WHERE TableName.GeoCol.SupportedGeoMethod(GeospatialLiteralExpression)=1
または
SELECT a, b FROM TableName
WHERE GeospatialLiteralExpression.SupportedGeoMethod(TableName.GeoCol) = 1
単一テーブル述部とみなすには、式の結果が1(true)になるように設定する必要があります。
または
SELECT a, b, FROM  TableName
WHERE TableName.GeoCol IS NULL
単一テーブルの距離述部は、ST_DistanceメソッドおよびST_3DDistanceメソッドを使用するものです。次のいずれかの形式を使用できます。
SELECT a, b FROM TableName
WHERE TableName.GeoCol.
SupportedGeoDistanceMethod(GeospatialLiteralExpression) < DistanceLiteral
または
SELECT a, b FROM TableName
WHERE GeospatialLiteralExpression.
SupportedGeoDistanceMethod(TableName.GeoCol) < DistanceLiteral
これらの述部を形成するために、<または<=演算子のいずれかを使用できます。
構文要素 説明
TableName 地理空間データ列を含むテーブル。
GeoCol ST_GEOMETRYタイプの1つとして定義された地理空間データ列。
SupportedGeoMethod ST_DistanceとST_3DDistanceを除く、上記の地理空間メソッドの1つ。
SupportedGeoDistanceMethod ST_DistanceまたはST_3DDistanceのいずれか。
GeospatialLiteralExpression 地理空間リテラル値に織り込み(簡略化)できる任意の地理空間文字式。
DistanceLiteral 距離を表わす浮動小数点値。