16.20 - 例: 圧縮されたTIME列の作成 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

次のSQL文は、ストレージから取り出すとき格納および圧縮解除された際に圧縮されるt_timeのTIME列を作成します。

CREATE table t_time(i int, j time(6) compress using td_sysfnlib.ts_compress decompress using td_sysfnlib.ts_decompress);

次のTIME値を列jに挿入するとします。

INSERT into t_time(1, TIME'06:26:44.820000');
INSERT into t_time(2, TIME'10:26:44.820000');

次のSQL文を実行します。

SELECT j from t_time;

t_timeテーブルに値を挿入したときに圧縮された2つのTIME値が圧縮解除されて返されます。