16.20 - 概要 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

Teradata Vantage™は、業界をリードするTeradata® Databaseから進化した主力の分析プラットフォーム製品です。この変更がコンテンツ内の記述に反映されるまで、Teradata DatabaseとTeradata Vantageは同義です。

このドキュメントでは、データベース管理者にとって有用なSQL関数、メソッド、マクロ、およびプロシージャについて説明します。これらの関数を使用すると、次のことを実行できます。
  • データを圧縮および圧縮解除
  • クライアント アプリケーションにエクスポートされるデータ量を管理
  • 特定のデータ ブロックに関する情報を検索し、特定のAMP上のオブジェクトがアクセスされる頻度を確認
  • マップを使用して、AMPでのテーブルの配置を最適化し、システム拡張後にテーブル行を再分散
  • Teradataで作成されたUDFとUDTを使用
  • スクリプト ファイルをインストール、置換、再配布、および削除
  • テーブル演算子を使用して次を実行:
    • テーブルを操作
    • スクリプトを実行してDBQLデータをJSONに変換
    • データベース内でLinuxおよびRプログラムを実行