16.20 - CALCMATRIX - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

目的

平方和積和(SSCP)行列を計算します。

構文



TD_SYSFNLIB.
関数が格納されているデータベースの名前。
tableName
関数の入力データが収められたテーブルの名前。
query_expression
関数の入力データが指定されるSELECT文。
hashByColList
行を演算子に渡す前に複数のAMPにまたがってハッシュするための基準にする列名のセットを指定します。
localOrderByList
行を演算子に渡す前にAMPでローカルに値順に並べるための基準にする列名のセットを指定します。
ASC
結果が昇順でソートされます。
ソート フィールドが文字列の場合、システムは現在のセッションの照合順序の定義に従って、昇順で整列します。
デフォルトの順序はASCです。
DESC
結果が降順でソートされます。
ソート フィールドが文字列の場合、システムは現在のセッションの照合順序の定義に従って、降順でソートします。
NULLS FIRST
NULL結果が最初にリストされることを指定します。
NULLS LAST
NULL結果が最後にリストされることを指定します。
PHASE
関数のフェーズの1つを指定します。有効な値は次のとおりです。
  • ‘LOCAL’
  • ‘COMBINE’
LOCALおよびCOMBINEの定義については、使用上の注意を参照してください。
CALCTYPE
CALCMATRIXが作成する行列のタイプを指定します。有効な値は次のとおりです。
  • ‘SSCP’ =平方和積和行列(デフォルト)
  • ‘ESSCP’ =拡張平方和積和行列
  • ‘CSSCP’ =補正平方和積和行列
  • ‘COV’ =共分散行列
  • 'COR' = 相関行列
OUTPUT
出力の形式を指定します。有効な値は次のとおりです。
  • ‘COLUMNS’
  • ‘VARBYTE’
NULL_HANDLING
データ列に含まれているnullの処理方法を指定します。有効な値は次のとおりです。
  • ‘ZERO’ =NULL値は0であるとみなされ、行は処理されます(デフォルト)。
  • ‘IGNORE’ =行はスキップされます。