16.20 - FeatureNames_TBF - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

目的

FeatureNames_TBFテーブル関数を使用して、機能利用回数を集計するときに簡単な検索を実行します。

テーブル関数FeatureNames_TBFが機能使用状況のロギング機能の一部として追加されました。この関数は自動で作成されます。このテーブルは、BIT操作関数を使用してDBC.DBQLogTbl.FeatureUsage列と結合されるとき、以下の質問に答えるために役立ちます。
  • 先週、特定の機能が使用された回数
  • 1日に機能が使用された回数
  • 一定の期間で機能が使用された回数
  • Teradata Databaseで最もよく使用する機能
  • 特定の機能を使用するリクエストの比率
  • いつ特定の機能が使用されたか

例えば、DBC.DBQLogTblで‘ブロック レベルの圧縮’を使用するリクエストのパーセンテージを確認するには、以下を使用します。

SELECT CAST((b.FeatureName as char(50)), cast( cast(NULLIFZERO(sum(GetBit(a.FeatureUsage,(2047 - b.FeatureBitpos)))) as FLOAT)/count(a.QueryID)*100 as FLOAT FORMAT '----,---,---,---,--9.999' ) as FeatureUsePercent  from DBC.dbqlogtbl a, DBC.QryLogFeatureListV b group by b.FeatureName where b.FeatureName = 'Block Level Compression';


FeatureName                                               FeatureUsePercent
-------------------------------------------------- ------------------------
Block Level Compression                                              65.164

すべての機能の使用率を確認するには、以下を使用します。

SELECT CAST(b.FeatureName as char(50)), cast( cast(NULLIFZERO(sum(GetBit(a.FeatureUsage,(2047 - b.FeatureBitpos)))) as FLOAT)/count(a.QueryID)*100 as FLOAT FORMAT '----,---,---,---,--9.999' ) as FeatureUsePercent from DBC.dbqlogtbl a, DBC.QryLogFeatureListV b group by b.FeatureName order by 2 desc;

構文



SYSLIB.
関数が格納されているデータベースの名前。