16.20 - 例: メソッドおよび関数 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
管理
featnum
B035-1210-162K-JPN

以下の文は、ビルトイン コンストラクタ関数とミュテーター メソッドを使ってaddress UDTの新しいインスタンスを戻し、それをeuropean_salesテーブルに挿入します。

INSERT INTO european_sales 
VALUES (101, address().street('210 Stanton').zip('76543'), 500);

Teradata Databaseでは、次のような順序でUDT式が実行されます。

ステップ 呼び出し 結果
1 address()コンストラクタ関数 デフォルトUDTインスタンス
2 street用のミュテーター メソッド street属性を'210 Stanton'に設定されたUDTインスタンス
3 zip用のミュテーター メソッド zip属性を'76543'に設定されたUDTインスタンス

UDT式の最終的な結果は、street属性を'210 Stanton'に設定され、zip属性を'76543'に設定されたaddress UDTのインスタンスになります。