16.20 - Ecosystem Managerクライアント パッケージのAIXへのインストール - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
  1. システム上にJRE 1.8がインストールされていることを確認します。
  2. XL C/C++ランタイムが9.0.0.0以上であることを確認します。lslpp -1 | grep -i xlc
  3. クライアント パッケージをサーバーのフォルダにダウンロードします
  4. ファイルを解凍します。gunzip em-publisher-aix64__aix_ppc64.16.20.xx.xx.tar.gz gunzip em-agent-aix64__aix_ppc64.16.20.xx.xx.tar.gz
  5. tarファイルを抽出します。tar -xvf em-publisher-aix64__aix_ppc64.16.20.xx.xx.tar tar -xvf em-agent-aix64__aix_ppc64.16.20.xx.xx.tar
  6. AIXビルド ファイル(*.bff)をホスト システムにコピーするか、ftpで送信します。
  7. mkdir /tmp/emという名前のディレクトリを作成します。
  8. em.em.publisher.16.20.xx.xx.bff package/tmp/emにコピーします。ディレクトリに含まれるパッケージが、これだけであることを確認します。
  9. em-publisherパッケージの所有権を変更します。例:# chown root em.em.publisher.16.20.20.00.bff -rw-rw-rw 1 root socal 1869324 Sep 07 21:44 em.em.publisher.16.20.xx.xx.bff # chgrp system em.em.publisher.16.20.20.00.bff -rw-rw-rw 1 root socal 1869324 Sep 07 21:44 em.em.publisher.16.20.xx.xx.bff
  10. em-agentパッケージのユーザー/グループの所有権を変更します。例:# chown root em.em.agent.16.20.20.00.bff -rw-rw-rw 1 root socal 1869324 Sep 07 21:44 em.em.agent.16.20.xx.xx.bff # chgrp system em.em.agent.16.20.20.00.bff -rw-rw-rw 1 root socal 1869324 Sep 07 21:44 em.em.agent.16.20.xx.xx.bff
  11. /tmp/emフォルダで次のコマンドを入力して、インストール ユーティリティを起動します。Smitty
    画面に次のように表示されます。
    System Management
    Move cursor to desired item and press Enter.
    Software Installation and Maintenance
    Software License Management
    Devices
    System Storage Management(Physical & Logical Storage)
    Security & Users
    Communications Applications and Services
    Workload Partition Administration
    Print Spooling
    Advanced Accounting
    Problem Determination
    Performance & Resource Scheduling
    System Environments
    Processes & Subsystems
    Applications
    Installation Assistant
    Electronic Service Agent
    Cluster Systems Management
    Using SMIT (information only)
    
    
  12. ソフトウェアのインストールとメンテナンスを選択してEnterキーを押します。画面に次のように表示されます。
    Software Installation and Maintenance
    Move cursor to desired item and press Enter.
    Install and Update Software
    List Software and Related Information
    Software Maintenance and Utilities
    Relocatable Software and Installation and Maintenance
    Network Installation Management
    EZ NIM (Easy NIM Tool)
    System Workload Partition Software Maintenance
    System Backup Manager
    Alternate Disk Installation
    EFIX Management
    Thin Server Maintenance
  13. インストールとソフトウェアの更新を選択してEnterキーを押します。画面に次のように表示されます。
    Install Software
    Update Installed Software to Latest Level (Update All)
    Install Software Bundle
    Update Software by Fix (APAR)
    Install and Update from ALL Available Software
  14. すべての使用可能なソフトウェアから、インストールと更新を選択してEnterを押します。画面に次のように表示されます。
                                                             [Entry Fields]
    INPUT device / directory for software             [.]
    
  15. (.)と入力してEnterキーを押します。画面に次のように表示されます。
    Install Software
    Type or select a value for the entry field.
    Press Enter AFTER making all desired changes.
    [TOP]                                                             [Entry Fields]
    *INPUT device / directory for software                            . 
    *SOFTWARE to install                                              [all_latest] +
    PREVIEW only? (install operation will not occur)                  no           +
    COMMIT software updates?                                          yes          +
    SAVE replaced files?                                              no           +
    AUTOMATICALLY install requisite software?                         yes          +
    EXTEND file systems if space needed?                              yes          +
    OVERWRITE same or newer version?                                  no           +
    VERIFY install and check file sizes?                              no           +
    Include corresponding LANGUAGE filesets?                          yes          +
    DETAILED output?                                                  no           +
    Process multiple volumes                                          yes          +
    ACCEPT new license agreements?                                    no           +
    [MORE...8]
  16. em.em.publisher.rteと入力し、Enterを押してem-publisherパッケージをインストールします。
    [TOP]                                                         [Entry Fields]
    *INPUT device / directory for software                        . 
    *SOFTWARE to install                                          [em.em.publisher.rte]
    PREVIEW only? (install operation will NOT occur)              no           
    COMMIT software updates?                                      yes          
    SAVE replaced files?                                          no           
    AUTOMATICALLY install requisite software?                     yes          
    EXTEND file systems if space needed?                          yes          
    
  17. インストールのサマリーをCommand Status(コマンド ステータス)画面で読み、インストールに成功したことを確認します。
  18. 所有権の変更:# cd .opt/teradata/client # chown -R root:system em
  19. F10キーを押してSmittyを終了します。
  20. em.em.agent.16.20.xx.xx.bff package/tmp/emにコピーします。ディレクトリに含まれるパッケージが、これだけであることを確認します。
  21. インストール ユーティリティを起動し、エージェント パッケージに対して同じステップを繰り返します。
  22. インストールのサマリーをCommand Status(コマンド ステータス)画面で読み、インストールに成功したことを確認します。
    Installation Summary   
    -----------------------------------------------------------------    
    Name                Level         Part        Event        Result                
    -----------------------------------------------------------------
    em.em.publisher.rte  16.20.x.x    USR         APPLY       SUCCESS
    em.em.agent.rte      16.20.x.x    USR         APPLY       SUCCESS
    
    
  23. Ecosystem Managerサービス パラメータを構成します。/opt/teradata/client/em/bin/emserviceconfig.sh
    次のパラメータが構成されます:
    • JRE HOME (1.8)
    • PRIMARY EM SERVER HOSTNAME(BROKER)
    • FAIL-OVER EM SERVER HOSTNAME(BROKER)
    • ECOSYSTEM ID
    • RESOURCE SUB-CATEGORY
    単一システム環境の場合、プライマリ サーバーとフェールオーバー サーバーのホスト名パラメータには、同じ値を使用します。サーバーに対して、次のいずれかの値を使用します。
    説明
    RS レプリケーション
    BI ビジネス インテリジェンス
    BAR バックアップ、アーカイブ、および復元
    LS ロード
    TD Teradata
    APP アプリケーション
    ETL 抽出/変換/ロード
    BUS メッセージ バス
    DMC Data Mover
    Unknown 自動登録
    USL Unity Source Link
    次の例のsvr1およびsvr2は、Ecosystem Managerサーバーを示しています。eco1はEcosystemで、APPはリソースのサブカテゴリです。

    /opt/teradata/client/em/bin/emserviceconfig.sh /usr/java/jre1.8.0_18 svr1 svr2 eco1 APP

    パラメータ 設定
    JRE HOME (1.8) /usr/java/jre1.8.0_18
    PRIMARY EM SERVER HOSTNAME(BROKER) svr1
    FAIL-OVER EM SERVER HOSTNAME(BROKER) svr2
    ECOSYSTEM ID eco1
    RESOURCE SUB-CATEGORY APP
  24. TPT運用メタデータの配信をEcosystem Managerリポジトリで無効にします