16.20 - Ecosystem Managerクライアント パッケージのMac OS Xへのインストール - Teradata Ecosystem Manager

Teradata® Ecosystem Manager インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Ecosystem Manager
vrm_release
16.20
category
インストール
構成
featnum
B035-3203-107K-JPN
  1. システムにrootユーザーとしてログオンします。続行する前にrootユーザーを有効にしてrootにsuします。
  2. TeradataEMClient-16.20.xx.xx.pkgファイルをダウンロードします。
  3. 次のいずれかの方法を使用して、パッケージをインストールします。
    メソッド 手順
    インターフェースからインストールするには
    1. ファイルをダブルクリックしてインストーラを起動します。
    2. Ecosystem Managerクライアント パッケージが含まれているディレクトリに移動します。
    3. クライアント パッケージをインストールする適切なディスクの場所を選択します。
    4. インストールをクリックします。
    5. 閉じるをクリックします。
    コマンド ラインからインストールするには コマンドを実行:

    `installer -pkg TeradataClientEMClient-16.20.xx.xx.pkg -target /`

    Ecosystem Managerクライアントが/opt/teradata/client/emディレクトリにインストールされます。
  4. クライアントを構成します。
    1. /usr/libexec/java_home -v 1.8コマンドを実行します。
      sh-3.2#/usr/libexec/java_home -v1.8
      /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_55.jdk/Contents/Home
    2. Ecosystem Managerサービス パラメータを構成するスクリプトを実行します。/opt/teradata/client/em/bin/emserviceconfig.sh
      次のパラメータが構成されます:
      • JRE HOME (1.8)
      • PRIMARY EM SERVER HOSTNAME(BROKER)
      • FAIL-OVER EM SERVER HOSTNAME(BROKER)
      • ECOSYSTEM ID
      • RESOURCE SUB-CATEGORY
      単一システム環境の場合、プライマリ サーバーとフェールオーバー サーバーのホスト名パラメータには、同じ値を使用します。サーバーに対して、次のいずれかの値を使用します。
      説明
      RS レプリケーション
      BI ビジネス インテリジェンス
      BAR バックアップ、アーカイブ、および復元
      LS ロード
      TD Teradata
      APP アプリケーション
      ETL 抽出/変換/ロード
      BUS メッセージ バス
      Unknown 自動登録
      USL Unity Source Link
      次の例では、/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_55.jdk/Contents/HomeをJDK 1.8ホームとして、svr1とsvr2をEcosystem Managerサーバーとして、ActiveEcoをEcosystemとして、RSをresourceSubCategoryとして示します。
      sh-3.2# ./emserviceconfig.sh /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0.55.jdk/Contents/Home svr1 svr2 ActiveEco RS 
      Stopping the EM Services..
      EM Services configuration completed. Starting the Services..
      empublisher started
      emcontrolagent started
      emmonitor started
      
  5. TPT運用メタデータの配信をEcosystem Managerリポジトリで無効にします
  6. Ecosystem Managerサービスのステータスを確認します。/opt/teradata/client/em/emstatus.sh