Native Object Store を使用したデータ アクセス | Teradata Vantage on Google Cloud - 2.3 - Native Object Storeを使用したデータ アクセス - Teradata Vantage on Google Cloud

Teradata Vantage™ on Google Cloud スタート ガイド

Product
Teradata Vantage on Google Cloud
Release Number
2.3
Published
2022年3月
Language
日本語
Last Update
2022-04-30
dita:mapPath
ja-JP/yoa1623083010241.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqr1623084025972.ditaval
以下の外部オブジェクト ストレージ プラットフォームに格納されているデータへのアクセスには、Native Object Store(NOS)を使用します:
  • Amazon S3
  • Microsoft Azure Blob Storage
  • Microsoft Azure Data Lake Storage Gen2
  • Google Cloud Storage
オブジェクト ストアへのロケーション パスとその信頼証明が必要です:
  • CREATE FOREIGN TABLEを使用して外部ストレージにアクセスするには、まず許可オブジェクトを作成して信頼証明を保持する。
  • READ_NOSを使用するには、信頼証明をコマンドに含める。
  • WRITE_NOSを使用するには、信頼証明、クラウド ストレージ バケット作成スニペット、使用予定のエンドポイントをコマンドに含める。

Teradata Vantage™ - Native Object Storeスタート ガイド, B035-1214を参照してください。