16.20 - TdpId、ユーザー名、ユーザー パスワードの指定 - Parallel Transporter

Teradata Parallel Transporter クイック スタート ガイド

prodname
Parallel Transporter
vrm_release
16.20
created_date
2018年4月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2501-048K-JPN
ジョブ変数ファイルjobvars2.txtを編集して、TdpId、ユーザー名、ユーザー パスワードを指定します。
jobvars.txtファイルのTargetTextDelimiterはカンマ(',')です。
  1. クイックスタート サンプル ディレクトリに、CD[change directory(ディレクトリ変更)]を行ないます。
  2. jobvars2.txt (ジョブ変数)ファイルを開きます。
  3. 次の変数のサイト固有の値を指定します。
    • DDLTdpId: 使用しているTeradata Databaseの名前
    • DDLUserName: Teradata Databaseのユーザー名
    • DDLUserPassword: Teradata Databaseのパスワード
    • ExportTdpId: 使用しているTeradata Databaseの名前
    • ExportUserName: Teradata Databaseのユーザー名
    • ExportUserPassword: Teradata Databaseのパスワード
    例えば、次のように指定します。
     DDLTdpId          = 'yourTdpId'
    ,DDLUserName       = 'yourUserName'
    ,DDLUserPassword   = 'yourPassword'
    ,ExportTdpId         = 'yourTdpId'
    ,ExportUserName      = 'yourUserName'
    ,ExportUserPassword  = 'yourUserPassword'
  4. 値を入力した後、変更内容を保存してファイルを閉じます。