14.06 - メンテナンスウィンドウ - Server Management

Teradata® Server Management 製品ガイド

Product
Server Management
Release Number
14.06
Release Date
2021年3月
Content Type
ユーザー ガイド
構成
Publication ID
B035-6112-031K-JPN
Language
日本語 (日本)

メンテナンスウィンドウ ポートレットを使用すると、インシデントの作成を一時的に抑制できます。メンテナンスウィンドウを開いて、システム メンテナンスを実行するか、アラートを生成する他のタスクを実行する必要があります。 タスクの例には、ノードの再起動、ディスクアレイのディスクドライブの交換、ソフトウェアのインストール、またはファームウェアのインストールが含まれます。

メンテナンスウィンドウを管理するには、適切な権限が必要です。

メンテナンスウィンドウをすぐに、または事前にスケジュールできます。 現在のメンテナンスウィンドウ中、Server Managementはサマリー アラートやレポートなどのデータを収集し続けます。

メンテナンスウィンドウ ポートレットで作成されたメンテナンスウィンドウでは、ViewpointまたはServer Management Clientで作成された現在のメンテナンスウィンドウまたはスケジュールされたメンテナンスウィンドウを表示できます。サイトIDにシステム全体のメンテナンスウィンドウを追加することもできます。
シャーシまたはシャーシ コンポーネントにメンテナンスウィンドウを追加するには、Server Management Clientを使用します。
メンテナンスウィンドウポートレットには以下のオプションがあります。
メンテナンスウィンドウの追加
アイコンを使用すると、タブに一覧表示されているサイトのメンテナンスウィンドウを追加できます。
メンテナンスウィンドウの編集
編集ボタンを使用すると、Viewpointで追加されたオープンまたはスケジュールされたメンテナンスウィンドウの名前、システム、開始時刻、期間、コメントを変更できます。
メンテナンスウィンドウ ポートレットでは、Server Management Clientで作成されたメンテナンスウィンドウを編集することはできません。
メンテナンスウィンドウが開いている間、メンテナンスウィンドウの期間を延長できます。 フェールオーバーやネットワークのダウンなど、一部のサーバー管理の障害状態でメンテナンスウィンドウを延長しようとすると、更新期間中に一部のアラートがエスカレートされる場合があります。
メンテナンスウィンドウの削除
メンテナンスウィンドウを削除 ボタンを使用すると、スケジュールされたメンテナンスウィンドウをキャンセルし、メンテナンスウィンドウの一覧から削除できます。
メンテナンスウィンドウが処理中の場合、ボタンはメンテナンスウィンドウを終了になります。
履歴
履歴オプションを使用すると、期限切れのメンテナンスウィンドウ、開始/終了時刻、システム、およびコメントを一覧表示できます。メンテナンスウィンドウがViewpointから追加された場合は、ユーザーIDが表示されます。