16.20 - シナリオ3: Avro形式へのデータ公開 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ DATASETデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1198-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradataテーブルに格納されていたり、定数値、または他の操作の結果であるAvroとして格納されていないデータは、Avro形式に公開され、オブジェクト コンテナ ファイルを作成するために使用される場合があります。データを収集してオブジェクト コンテナ ファイルを作成するには、以下のステップを行ないます。
  1. DATASET_PUBLISHのテーブル演算子を使用して、目的のAvro形式でデータを公開するためのクエリーを作成します。
  2. DATASET_PUBLISH のdata出力列でDATASET型のgetSchemaメソッドを実行して、オブジェクト コンテナ ファイルのスキーマを取得します。これによって、スキーマおよび作成されたバイナリ コード化Avro値を含むAvroインスタンスが提供されます。
DATASET_PUBLISHで生成されるスキーマは、すべての出力インスタンスに適用(つまり、オブジェクト コンテナ ファイルに適用)されるため、この操作が必要なのは1度だけです。