ワークロードのルール | ワークロード管理 | Teradata Vantage - 2.4 - ワークロードのルール - Teradata Vantage - Teradata Vantage on AWS - Teradata Vantage on Azure - Teradata Vantage on Google Cloud - Teradata Vantage on IntelliFlex

Teradata Vantage™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Vantage
Teradata Vantage on AWS
Teradata Vantage on Azure
Teradata Vantage on Google Cloud
Teradata Vantage on IntelliFlex
Release Number
2.4
Published
2022年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B700-4002-062K-JPN
Language
日本語 (日本)
ワークロード管理では、リクエストの分類にルールを使用します。ルールには以下の例があります:
  • 異なる種類のリクエストにアクセスの優先順位を設定
  • リソースの使用パターンのモニター、パフォーマンスのチューニング、キャパシティ プランニング
  • 同時に実行するリクエストまたはセッションの数の制限

ワークロードのルールを定義するには、Teradata Viewpoint上のTeradata Active System Management(TASM)にアクセスします。Teradata® Viewpointユーザー ガイド, B035-2206Teradata Vantage™ - ワークロード管理ユーザー ガイド, B035-1197を参照してください。

ワークロードのルールを最適化するには、Teradataサービスに連絡します。