16.20 - CREATE ERROR TABLE - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

PTIテーブルのエラー テーブルを定義できます。CREATE ERROR TABLE構文の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語の構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

PTIテーブルのシステム生成の時系列列はエラー テーブルに含まれていますが、時系列に固有の列属性はありません。エラー テーブル列には、NOT NULL GENERATED SYSTEM TIMECOLUMN属性は含まれていません。

例: PTIテーブルのエラー テーブルの定義

この例では、テーブルの定義は次のとおりです。

CREATE TABLE ocean_buoy(
     TD_TIMEBUCKET BIGINT NOT NULL GENERATED SYSTEM TIMECOLUMN,
      TD_TIMECODE TIMESTAMP(6) NOT NULL GENERATED TIMECOLUMN,
      TD_SEQNO INT NOT NULL GENERATED TIMECOLUMN,
      c1 INTEGER,
      c2 INTEGER)
 PRIMARY TIME INDEX(TIMESTAMP(6), DATE '2015-05-02', HOURS(1), COLUMNS(c1,c2), SEQUENCED(20000));

以下の文を使用して、PTIテーブルocean_buoyのエラー テーブルを作成できます。デフォルトでは、エラー テーブルの名前は接頭辞et_始まり、その後に基本テーブルの名前ocean_buoyが続きます。

CREATE ERROR TABLE FOR ocean_buoy;

SHOW TABLE文を使用して、エラー テーブルの定義を表示できます。エラー テーブルには、TD_TIMEBUCKET列のSYSTEM属性の他に、TD_TIMEBUCKET、TD_TIMECODE、およびTD_SEQNO列の、時系列に固有のNOT NULL GENERATED TIMECOLUMN属性は含まれません。

CREATE MULTISET TABLE et_ocean_buoy ,NO FALLBACK ,
     NO BEFORE JOURNAL,
     NO AFTER JOURNAL,
     CHECKSUM = DEFAULT,
     DEFAULT MERGEBLOCKRATIO,
     MAP = TD_MAP1
    (
      TD_TIMEBUCKET BIGINT,
      TD_TIMECODE TIMESTAMP(6),
      TD_SEQNO INTEGER,
      c1 INTEGER,
      c2 INTEGER,
      ETC_DBQL_QID DECIMAL(18,0) FORMAT '-(18)9' NOT NULL,
      ETC_DMLType CHAR(1) CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC,
      ETC_ErrorCode INTEGER NOT NULL,
      ETC_ErrSeq INTEGER NOT NULL,
      ETC_IndexNumber SMALLINT,
      ETC_IdxErrType CHAR(1) CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC,
      ETC_RowId BYTE(16),
      ETC_TableId BYTE(6),
      ETC_FieldId SMALLINT,
      ETC_RITableId BYTE(6),
      ETC_RIFieldId SMALLINT,
      ETC_TimeStamp TIMESTAMP(2) NOT NULL,
      ETC_Blob BLOB(2033152))
PRIMARY INDEX mytsinx ( TD_TIMEBUCKET ,c1 ,c2 );