16.20 - 構文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

CREATE TABLE文とAS句の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語の構文規則および例、B035-1144>を参照してください。



構文要素

target_table_name
ターゲット テーブルの名前(必要に応じてCREATE TABLE ASが作成したデータベース名またはユーザー名が先頭に付きます)。
create_table_options
非PTIテーブルのすべての標準CREATE TABLEオプションは、PTIテーブルに適用されます。これらのオプションの構文については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語の構文規則および例、B035-1144>で説明されています。
generated_columns
これらの列は、Teradata Databaseによって自動的に生成されます。それらについては、PTIテーブルの自動的に生成される列で説明されています。
column_definitions
PTIテーブルに保存される時系列データの標準列定義。CREATE TABLE文での標準列定義の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語の構文規則および例、B035-1144>を参照してください。
source_table_name
ソース テーブルの名前(必要に応じてデータベース名またはユーザー名が先頭に付きます)。ソース テーブルは、PTIまたは非PTIテーブルのどちらでもかまいません。
subquery
ターゲット テーブルで再生成されるソース テーブルから列の部分集合を明示的に選択するSELECT文。サブクエリーを使用する場合は、WITH DATAオプションも使用する必要があります。
非PTIソース テーブルからPTIターゲット テーブルを作成したり、PTIテーブルから非PTIテーブルを作成したりするためには、ソースとターゲット テーブルが同じ列を持つ場合でも、サブクエリーを使用する必要があります。
CREATE TABLE … AS文のサブクエリーの詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語の構文規則および例、B035-1144>を参照してください。
WITH [NO] DATA
ターゲット テーブルにソース テーブルまたはサブクエリーからのデータが取り込まれているかどうか、またはターゲット テーブル定義されているが空のテーブルとして存在しているかどうかを判断します。
PRIMARY TIME INDEX
  • PRIMARY TIME INDEX句を指定すると、ターゲット テーブルはソース テーブル タイプに関係なく、PTIテーブルになります。
  • PRIMARY TIME INDEX句を指定しない場合、ソース テーブル タイプに応じて、ターゲット テーブルはPTIテーブルまたは非PTIテーブルのいずれかにできます。
プライマリ タイム インデックス句のすべての要素は、CREATE TABLE(時系列形式)で説明したものと同じであり、自動的に生成される列への影響は同じです。