16.20 - USING TIMECODE句 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ 時系列テーブルおよび操作

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1208-162K-JPN

USING TIMECODE句を使用して、GROUP BY TIMEクエリーでタイムコード(TD_TIMECODEまたはUSING TIMECODEで指定されたタイムコード)とシーケンス番号(TD_SEQNOまたはseqno_col)に使用する列を指定します。この句はPTIテーブルに対して暗黙的に使用されますが、ユーザーが明示的に指定することもできます。

USING TIMECODE句を使用すると、利用可能なソース列の中で、時間ごとにグループ化するためにタイムコードとオプションのシーケンス番号として使用する列を指定できます。この情報を推測できる場合 (GROUP BY TIMEルールと制限で説明したように)、USING TIMECODE句は必要ありません。推測できない場合、このクエリーの期間中にタイムコードと(オプションの)シーケンス番号を表わすために、データ型が正しい場合は任意のソースの任意の列を指定できます。ただし、ソース データのタイムコードとオプションのシーケンス番号を正確に表わさない列を使用すると、予期しない、非確定的な結果になる可能性があるため、慎重に選択する必要があります。