AppCenter クラスタの初期化 | Teradata AppCenter - 1.10 - クラスタの初期化 - Teradata AppCenter

Teradata® AppCenter vSphere用カスタマー インストールおよびアップグレード ガイド

prodname
Teradata AppCenter
vrm_release
1.10
created_date
2020年6月
category
インストール
featnum
B035-1117-030K-JPN
次の手順に示すテンプレートの.yamlファイルは例であり、実際のバンドルの一部としてダウンロードされたファイルと一致しない可能性があります。 実際のバンドル内のファイルは最新のものです。
  1. オーバーライド ファイルで、鍵、パスワード、および構成を追加します。
  2. 標準のテキストエディタを使用して、AppCenterバンドルの一部としてダウンロードされたinit-override.yamlを開き、必要なエントリが存在することを確認します。
    consul:
      storageClass: manual
      persistence:
        pv:
          location: /var/lib/docker/teradata/data/consul
      client:
        hostPath: /var/lib/docker/teradata/consul/consul-agent
    
    global:
      nodeSelector:
        nodetype: appcenter
      enableNodeSelector: false
      rook:
        rookEnabled: false
      accessKey: # Refer Table 1.0 - This is a mandatory value
      secretKey: # Refer Table 1.0 - This is a mandatory value
    
    minio:
      persistence:
        pv:
          location: /var/lib/docker/teradata/data/minio
      resources:
        limits:
          cpu: 800m
          memory: 1500Mi
        requests:
          cpu: 500m
          memory: 800Mi
    
    tags:
      minio: true
  3. 次の鍵値を追加します。
    Table 1.0
    説明
    accessKey MinioのS3バケット認証に必要です。英数字の文字列。 最小サイズは3です。
    secretKey Minioの S3 バケット認証に必要です。英数字の文字列。最小サイズは 8 です。
    tarボールには例が含まれています。
  4. (オプション) 次のコマンドを使用して、パスワード/鍵のいずれかのランダムな文字列を生成します。
    $head /dev/urandom | LC_CTYPE=C tr -dc A-Za-z0-9 | head -c <NUMBER-OF-CHARACTERS> ; echo ''
  5. クラスタを初期化します。
    $ appctl init --chart init-1.10.0+build.78.83d5fe3.tgz --images init-image-bundle-1.10.0+build.17.97cd1ca.tar.gz -f init-override.yaml --reset-values
  6. すべてのポッドが"Running"/"Completed" (「実行中」/「完了」)状態であることを確認します。
    $ kubectl get pods --all-namespaces

    initコマンドの一部として使用できるパラメータの詳細については、「 use appctl init -h」と入力します。

  7. すべてのAppCenterサービスを起動するために使用されるDockerイメージをアップロードします。
    $ appctl upload --images platform-image-bundle-1.10.0+build.17.97cd1ca.tar.gz
    $ appctl upload --images appcenter-image-bundle-1.10.0+build.17.97cd1ca.tar.gz
    イメージは、クラスタの初期化の一部であった Docker レジストリにプッシュされます。
  8. (オプション) uploadコマンドの一部として使用できるパラメータの詳細については、次を実行します。
    appctl upload -h