AppCenter のインストールにおいてホストの準備 | Teradata AppCenter - 1.10 - ホストの準備 - Teradata AppCenter

Teradata® AppCenter vSphere用カスタマー インストールおよびアップグレード ガイド

prodname
Teradata AppCenter
vrm_release
1.10
created_date
2020年6月
category
インストール
featnum
B035-1117-030K-JPN
クライアント マシンからすべての手順を実行します。
  1. ノードにラベルを付けます。
    1. クラスタ内のノードをリストします。
      kubectl get nodes -o wide
    2. クラスタ内の各ノードに対して、次のコマンドを実行します。 すべてのノードに同じラベルを付ける必要があります。
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/consul-0=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/consul-1=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/consul-2=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/minio-0=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/minio-1=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/minio-2=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/minio-3=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/elastic-data-0=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/elastic-data-1=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/elastic-data-2=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/elastic-master-0=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/elastic-master-1=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/elastic-master-2=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/postgres=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/grafana=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/prometheus-0=true
      kubectl label node <NODE_NAME> appcenter/prometheus-1=true
    3. すべてのノードにラベルが適用されていることを確認します。
      $ kubectl get nodes --show-labels
  2. クラスタ内の任意のノードから、永続ボリューム用の次のフォルダを作成します。
    ssh root@<KUBE_NODE_IP> -i <SSH_KEY_USED_TO_INSTALL_KUBERNETES_CLUSTER> \
    "mkdir -p /var/lib/docker/teradata/data && \
    cd /var/lib/docker/teradata/data && \
    mkdir -p minio/minio-0 minio/minio-1 minio/minio-2 minio/minio-3 \
    consul/consul-0 consul/consul-1 consul/consul-2 \
    elasticsearch/elastic-master-0 elasticsearch/elastic-master-1 \
    elasticsearch/elastic-master-2 elasticsearch/elastic-data-0 \
    elasticsearch/elastic-data-1 elasticsearch/elastic-data-2 \
    postgres/postgres-0 grafana/grafana-0 \
    prometheus/prometheus-0 prometheus/prometheus-1 \
    alertmanager/alertmanager-0 alertmanager/alertmanager-1"
    フォルダに必要なノードIPアドレスを取得するには、$ kubectl get nodes -o wideを実行し、<KUBE_NODE_IP>を任意のノードのIPに置き換えます。
  3. 次を実行して、すべてのフォルダが適切に作成されていることを確認します。
    1. SSH鍵を使用して、次を実行します。
      ssh root@< KUBE_NODE_IP> -i <SSH_KEY_USED_TO_INSTALL_KUBERNETES_CLUSTER>
    2. /var/lib/docker/teradata/dataに移動します。