ソフトウェア要件 | Teradata AppCenter - 1.10 - ソフトウェア要件 - Teradata AppCenter

Teradata® AppCenter vSphere用カスタマー インストールおよびアップグレード ガイド

prodname
Teradata AppCenter
vrm_release
1.10
created_date
2020年6月
category
インストール
featnum
B035-1117-030K-JPN
  • 以下の「最小推奨リソース」で説明する容量で仮想マシン (VM) を実行できるVMWare vSphere環境。
  • AppCenterの最小要件をサポートする容量を備えたVMWare vSphere。
  • インストールを実行可能なLinuxまたはOSX(Darwin)のクライアント マシン。マシンのディスク領域は、/varに少なくとも100GB必要です。
  • FQDN (Fully Qualified Domain Name:完全修飾ドメイン名)。例: appcenter.example.com

    このドメイン名は、ブラウザからAppCenterにアクセスするために使用され、クラスタとのTLS通信用の証明書を作成するために必要です。 ドメイン名がインフラストラクチャDNSサービスによって解決可能であることを確認してください。

  • FQDNの署名済み証明書。
    AppCenterでは、事前にオーダーする必要のある署名済み証明書が必要です。 自己署名証明書を使用する場合、各ユーザーは最初のログイン時にブラウザから警告を受け入れる必要があります。
    これはセキュリティ要件です。 環境の証明書の構成と基準については、ネットワーク セキュリティ チームと連携してください。

    詳細については、「署名済み証明書の生成」を参照してください。

  • NAS (Network Attached Storage:ネットワーク アタッチト ストレージ) 。

    LinuxベースのNASはマルチノード クラスタに必要とされ、高可用性と永続性のために使用されます。NAS に必要な最小サイズは1500 GBです。

    サーバー上のフォルダのアクセス許可は、次である必要があります。 <LOCATION-OF-FOLDER-ON-NFS-SERVER> *(rw,sync,no_root_squash,no_all_squash)

  • vSphereサーバー名と管理者資格情報。
  • (オプション) 静的IPアドレスを使用する場合は、事前に割り当てられた適切な数のIPアドレス。

最小推奨リソース

高可用性と永続性を備えたプロダクション グレードのセットアップの最小要件は、3マスター、3ワーカー、マルチノードのKubernetesクラスタです。
ノード vCPU RAM (GB) ディスク (GB)
Master-1 15 30 500
Master-2 15 30 500
Master-3 15 30 500
Worker-1 15 30 500
Worker-2 15 30 500
Worker-3 15 30 500
合計 90 180  

AppCenterが高可用性モードで動作するには、65 CPU と最大約100 GBのRAMが必要です。 残りのリソースはアプリ/スクリプトに使用されます。 0.1 CPU と500 MBのメモリですべてのアプリ/スクリプトを実行すると、約160のアプリ/スクリプトを実行できます。 160を超えるアプリ/スクリプトを実行する場合は、より高いリソースでクラスタをプロビジョニングします。

クラスタ構成の変数

Kubernetesクラスタを設定する時に、環境に応じて次の構成変数を編集する必要があります。 「クラスタ構成の初期化と編集」を参照してください。 使用する値については、vSphere管理者にお問い合わせください。
構成変数
変数 変数の説明とコマンド例 考慮事項
config:
  host_timezone
  controlplane_timezone
AppCenterがスケジュールされたジョブを実行するときに使用されるタイムゾーン。

例: host_timezone: "Asia/Tokyo" controlplane_timezone: "Asia/Tokyo"

タイムゾーンを指定しない場合、AppCenterはデフォルトでUTC に設定されます。
config:
  master_schedulable_enabled
マスター スケジューリングを有効にします。

例: master_schedulable_enabled :true

AppCenterのインストールに必要です。

マスターノード上のポッドをスケジュールします。

config:
  rook_enabled
例: rook_enabled: "false" 変数をfalseに設定すると、Rookが無効になります。vSphereのインストールでは、変数をfalseに設定する必要があります。
cpus
各ノードに割り当てられるCPUの数。 詳細については、「ソフトウェア要件」を参照してください。
datacenter
クラスタが作成されるVMwareデータ センターの名前。

例: vagrant

仮想データセンターは、仮想マシン(VM)の運用に必要なすべてのインベントリ オブジェクトのコンテナです。
datastore
データセンターに関連付けられているデータストアの名前。

例: vgrnt_dsc/vgrnt03

すべてのVMwareホストに接続されている単一のデータストアに3 TBのスペースを予約し、各AppCenter VMに500 GBを確実に割り当てることができます。

default_node_pool:
  linked_clone:
ノードをリンククローンにするかどうかを指定するために使用します。 プロダクション環境では、linked_clonefalseに設定します。 例:
default_node_pool:
  linked_clone: false
dns_servers
ローカルネットワークまたは顧客ネットワーク上のドメイン クエリーを解決するためのローカルDNSサーバー。  
folder
VMを展開する必要があるフォルダーの名前。

例: Discovered virtual machine/folder_name

指定しない場合、VMはrootの場所に作成されます。
memory
各ノードに割り当てられるメモリの量。 詳細については、ソフトウェア要件を参照してください。
node_pools:
  master:
    count:
  worker:
    count:
この環境に展開するマスター ノードとワーカー ノードの数。 最小推奨構成は、3つのマスターと3つのワーカーです。
private_key_file
秘密鍵の場所。 秘密鍵は、クラスタのSSHアクセスを設定するために使用されます。

秘密鍵がない場合は、ssh-keygenを使用して生成してください。

public_key_file
公開鍵の場所。 AppCenterのインストールには公開鍵が必要です。

公開鍵がない場合は、ssh-keygenを使用して生成してください。

resource_pool
Name of the resource pool present in the datacenter.

例: vgrnt_01/Resources/vagrant01

リソースプールがない場合は、 <datacenter_name>/Resourcesを使用してください。 as the value.

リソースプールを使用して、スタンドアロン ホストまたはクラスタの使用可能なCPUおよびメモリー リソースを階層的に分割できます。
root_vol_size
各ノードのrootボリュームのサイズ。 最小推奨構成は500 GBです。
template
KubeOSテンプレート名。

例: <use the latest>

template_nameが特定のフォルダーの下にある場合は、絶対パスを指定します。 例: <folder_name>/KubeOS template name
time_servers
NTPを介して時刻を同期するローカルネットワーク タイム サーバー。  
vsphere_net
VMを関連付ける必要があるネットワーク。

例: dvpg_vm_550

ネットワークは、仮想マシン間の通信方法を提供します。マシンはこのネットワークを使用して論理的に接続されるため、それらの間でデータを送受信できます。