クラスタ構成の初期化/編集 | Teradata AppCenter - 1.10 - クラスタ構成の初期化と編集 - Teradata AppCenter

Teradata® AppCenter vSphere用カスタマー インストールおよびアップグレード ガイド

prodname
Teradata AppCenter
vrm_release
1.10
created_date
2020年6月
category
インストール
featnum
B035-1117-030K-JPN
  1. クラスタ名とプラットフォームを指定して構成を初期化します。 ここでは、appcenterはクラスタ名、vsphereはプラットフォームです。
    $ kubekit init appcenter --platform vsphere

    テキスト エディタが開き、デフォルトのクラスタ構成を編集できます。

    クラスタ構成ファイルはYAML形式です。 既存のインデントを維持する必要があります。
  2. 環境に合わせて構成変数を編集します。
    $ kubekit edit appcenter

    使用する値については、vSphere管理者にお問い合わせください。

    構成変数
    変数 変数の説明とコマンド例 考慮事項
    config:
      host_timezone
      controlplane_timezone
    AppCenterがスケジュールされたジョブを実行するときに使用されるタイムゾーン。

    例: host_timezone: "Asia/Tokyo" controlplane_timezone: "Asia/Tokyo"

    タイムゾーンを指定しない場合、AppCenterはデフォルトでUTC に設定されます。
    config:
      master_schedulable_enabled
    マスター スケジューリングを有効にします。

    例: master_schedulable_enabled :true

    AppCenterのインストールに必要です。

    マスターノード上のポッドをスケジュールします。

    config:
      rook_enabled
    例: rook_enabled: "false" 変数をfalseに設定すると、Rookが無効になります。vSphereのインストールでは、変数をfalseに設定する必要があります。
    cpus
    各ノードに割り当てられるCPUの数。 詳細については、「ソフトウェア要件」を参照してください。
    datacenter
    クラスタが作成されるVMwareデータ センターの名前。

    例: vagrant

    仮想データセンターは、仮想マシン(VM)の運用に必要なすべてのインベントリ オブジェクトのコンテナです。
    datastore
    データセンターに関連付けられているデータストアの名前。

    例: vgrnt_dsc/vgrnt03

    すべてのVMwareホストに接続されている単一のデータストアに3 TBのスペースを予約し、各AppCenter VMに500 GBを確実に割り当てることができます。

    default_node_pool:
      linked_clone:
    ノードをリンククローンにするかどうかを指定するために使用します。 プロダクション環境では、linked_clonefalseに設定します。 例:
    default_node_pool:
      linked_clone: false
    dns_servers
    ローカルネットワークまたは顧客ネットワーク上のドメイン クエリーを解決するためのローカルDNSサーバー。  
    folder
    VMを展開する必要があるフォルダーの名前。

    例: Discovered virtual machine/folder_name

    指定しない場合、VMはrootの場所に作成されます。
    memory
    各ノードに割り当てられるメモリの量。 詳細については、ソフトウェア要件を参照してください。
    node_pools:
      master:
        count:
      worker:
        count:
    この環境に展開するマスター ノードとワーカー ノードの数。 最小推奨構成は、3つのマスターと3つのワーカーです。
    private_key_file
    秘密鍵の場所。 秘密鍵は、クラスタのSSHアクセスを設定するために使用されます。

    秘密鍵がない場合は、ssh-keygenを使用して生成してください。

    public_key_file
    公開鍵の場所。 AppCenterのインストールには公開鍵が必要です。

    公開鍵がない場合は、ssh-keygenを使用して生成してください。

    resource_pool
    Name of the resource pool present in the datacenter.

    例: vgrnt_01/Resources/vagrant01

    リソースプールがない場合は、 <datacenter_name>/Resourcesを使用してください。 as the value.

    リソースプールを使用して、スタンドアロン ホストまたはクラスタの使用可能なCPUおよびメモリー リソースを階層的に分割できます。
    root_vol_size
    各ノードのrootボリュームのサイズ。 最小推奨構成は500 GBです。
    template
    KubeOSテンプレート名。

    例: <use the latest>

    template_nameが特定のフォルダーの下にある場合は、絶対パスを指定します。 例: <folder_name>/KubeOS template name
    time_servers
    NTPを介して時刻を同期するローカルネットワーク タイム サーバー。  
    vsphere_net
    VMを関連付ける必要があるネットワーク。

    例: dvpg_vm_550

    ネットワークは、仮想マシン間の通信方法を提供します。マシンはこのネットワークを使用して論理的に接続されるため、それらの間でデータを送受信できます。
  3. クラスタ構成を保存して閉じます。