署名済み証明書の生成 | Teradata AppCenter - 1.10 - 署名済み証明書の生成 - Teradata AppCenter

Teradata® AppCenter vSphere用カスタマー インストールおよびアップグレード ガイド

prodname
Teradata AppCenter
vrm_release
1.10
created_date
2020年6月
category
インストール
featnum
B035-1117-030K-JPN
署名済み証明書の生成には、証明書署名要求(CSR: Certificate Signing Request) の作成が必要です。
  1. CSR構成ファイルであるsan.cnfを作成します。
    [ req ]
    default_bits       = 2048
    distinguished_name = req_distinguished_name
    req_extensions     = req_ext
    [ req_distinguished_name ]
    countryName                = Country Name (2 letter code)
    stateOrProvinceName        = State or Province Name (full name)
    localityName               = Locality Name (eg, city)
    organizationName           = Organization Name (eg, company)
    commonName                 = Common Name (e.g. server FQDN or YOUR name)
    [ req_ext ]
    subjectAltName = @alt_names
    [alt_names]
    DNS.1   = appcenter.example.com
    DNS.2   = *.appcenter.example.com
    DNS.1の値がAPPCTL_DOMAINと同じであることを確認してください。 DNS.2の値は* .APPCTL_DOMAINである必要があります。
  2. クライアント マシンから、server.keyを生成します。
    $ openssl req -out server.csr -newkey rsa:2048 -nodes -keyout server.key -config san.cnf
  3. プロンプトが表示されたら、次のCSR詳細を入力します。
    CSR詳細 説明
    Common Name 証明書を使用してセキュリティで保護する完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します。例: appcenter.example.com
    Organization 企業識別子を含む、組織の正式組織名を入力します。
    Organization Unit (OU) 部署名を入力します。例:Information TechnologyまたはWebsite Security。
    City or Locality 組織の登記住所の都市名を入力します。 省略しないでください。
    Country 組織が登記されている国のコードを英文2文字で入力します。例: US またはCH。
    State or Province 組織の登記住所の都道府県名を入力します。省略しないでください。

    例:

    $ openssl req -out server.csr -newkey rsa:2048 -nodes -keyout server.key -config san.cnf
    Generating a 2048 bit RSA private key
    ......................+++
    ...............................+++
    writing new private key to 'private.key'
    -----
    You are about to be asked to enter information that will be incorporated
    into your certificate request.
    What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
    There are quite a few fields but you can leave some blank
    For some fields there will be a default value,
    If you enter '.', the field will be left blank.
    -----
    Country Name (2 letter code) []:AA
    State or Province Name (full name) []:BB
    Locality Name (eg, city) []:CC
    Organization Name (eg, company) []:Example
    Common Name (e.g. server FQDN or YOUR name) []:appcenter.example.com
    パスワードやパスフレーズを入力する必要はありません。 このオプションフィールドは、鍵ペアに追加のセキュリティを適用するためのものです。
  4. 認証局にserver.csrを提供して、署名済み証明書を取得します。 認証局からルート証明書と中間証明書を取得していることを確認します。証明書は次の順序である必要があります。
    -----BEGIN MY CERTIFICATE-----
    -----END MY CERTIFICATE-----
    -----BEGIN INTERMEDIATE CERTIFICATE-----
    -----END INTERMEDIATE CERTIFICATE-----
    -----BEGIN ROOT CERTIFICATE-----
    -----END ROOT CERTIFICATE-----
  5. 認証局から受け取った証明書の名前をtls.crtに変更します。
  6. 以前に生成されたserver.keyの名前をtls.keyに変更します。
  7. 証明書に適切な権限があることを確認します。
    $ chmod 400 tls.key

    $ chmod 400 tls.crt

  8. tls.crtおよびtls.keyAPPCTL_HOMEディレクトリにコピーます。
    $ cp tls.crt $APPCTL_HOME
    $ cp tls.key $APPCTL_HOME