16.20 - 動的SQLの使用 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

動的SQLは、アプリケーションが実行時に必要とするSQL文の全部または一部について、不明な部分がある場合に役立ちます。

たとえば動的SQLは、ユーザーが1つ以上の式をセルに対話的に入力する、スプレッドシートに基づくアプリケーションなどに役立ちます。

これらの式はその後、スプレッドシートの各式によって指定された計算を行なうために必要なSQL文に変換されます。

ユーザーが入力する特定の式をサポートするためにどのSQL文が必要となるかは事前に分からないので、動的SQL機能を使用するアプリケーションをコーディングして、スプレッドシートの動的な要件をサポートする必要があります。