16.20 - INCLUDE SQLDA - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

目的

CまたはPL/Iアプリケーション プログラムにSQL記述子域(SQLDA)を定義します。

呼び出し

実行不可プリプロセッサ宣言。

埋め込みSQLのみ。

構文

ANSI準拠

INCLUDE SQLDAは、ANSI/ISO SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。

許可

なし。

INCLUDE SQLDAの使用上のルール

  • 動的SQLを使用するアプリケーション プログラムは全て、INCLUDE SQLDA文か、それに相当するユーザー提供のSQL記述子域の宣言のどちらかを必要とします。
  • EXEC SQL接頭辞と適切な終了子も含め、完全なSQLDA文を1行で指定しなければなりません。

    文の各語を区切るために使用できるのは埋め込み文字だけです。

    その同じ行に他の文を入れることはできません。

  • Preprocessor2は、INCLUDE SQLDA文をSQL記述子領域の適切な言語定義で置き換えます。
  • PL/Iアプリケーションの場合、SQLDA宣言は、1つの可変(REFER)副構成を持つ基底付き構成と定義されます。これにより、SQLDA宣言は、複数のSQL記述子域で使用するのに適したものとなります。
  • COBOLアプリケーションの場合、COBOLはベースとなる構成をサポートしないので、INCLUDE SQLDA文を使用できません。

    結果として、COBOLプログラムが1つ以上のSQL記述子領域を必要とする場合、ユーザーが自分でそれらをコーディングして、プログラムのWORKING STORAGE SECTIONに挿入する必要があります。

関連トピック

INCLUDE SQLDAの使用に関する詳細については、SQL記述子領域(SQLDA)を参照してください。