16.20 - ストアド プロシージャでのSQL操作 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN
以下のSQL文は、ストアド プロシージャに対してDML、DDL、HELP、およびSHOW操作を行ないます。これらの文のほとんどは、Teradata Databaseクライアント ユーティリティまたはインターフェース上のどのアプリケーションからでも実行依頼することができます。
  • ALTER PROCEDURE
  • CALL
  • CREATE PROCEDURE
  • DROP PROCEDURE
  • RENAME PROCEDURE
  • REPLACE PROCEDURE
  • HELP PROCEDURE
  • HELP ‘SPL …’
  • SHOW PROCEDURE
CREATE PROCEDUREとREPLACE PROCEDUREは、BTEQ、ODBC、JDBC、CLIv2アプリケーションおよびTeradata SQL Assistantユーティリティでサポートされています。

BTEQおよびTeqTalkユーティリティからのCREATE/REPLACE PROCEDUREの実行依頼は、COMPILEコマンドによって参照されるファイルで行なう必要があります。

Unicode Pass Throughによるストアド プロシージャの使用

Unicode Pass Through(UPT)はUnicodeのエラー処理機能です。この機能により、Teradataに対してパス スルー文字(PTC)のインポートとエクスポートを行なうことができます。

UPTが無効のセッションでは、ストアド プロシージャ本体内のPTCを参照するストアド プロシージャを作成できません。このようなプロシージャはパス スルー セッション内でのみ作成できます。

ストアド プロシージャ本体のPTCパラメータで定義してPTCも参照するストアド プロシージャを呼び出すと、次のことが適用されます。
  • UPTが無効のセッションでは、PTCパラメータで定義されているストアド プロシージャを呼び出すことはできません。
  • パス スルー セッションでは、PTCパラメータで定義されているストアド プロシージャを正常に呼び出せ、引数としてPTCを渡すことができます。
  • すべてのセッションでは(UPTの有効または無効に関係なく)、ストアド プロシージャ本体のPTCを参照するストアド プロシージャを呼び出すことができます。
PTCを使用したストアド プロシージャの使用方法を以下のテーブルにまとめます。
ストアド プロシージャの作成または実行 現在のセッションの種類 予想される結果
プロシージャ本体のPTCを参照するストアド プロシージャの作成 パス スルー セッション 成功
UPTは無効です エラー
PTCパラメータで定義されているストアド プロシージャの呼び出し パス スルー セッション 成功
UPTは無効です エラー
プロシージャ本体のPTCを参照するストアド プロシージャの呼び出し パス スルー セッション 成功
UPTは無効です 成功
プロシージャ本体のPTCパラメータで定義してPTCも参照するストアド プロシージャの呼び出し パス スルー セッション 成功
UPTは無効です エラー

詳細については、<Teradata Vantage™ NewSQL Engine国際文字セット サポート、B035-1125>を参照してください。