16.20 - 概要 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

Preprocessor2は、プログラムのステータスとエラー情報を、いくつかの方法でアプリケーションに戻すことができます。

Teradataセッション モードで実行するよう作成されたアプリケーションの主な接続方式は、SQLCA構造でしたSQLCAは、完了したDML文の戻りコードや他の情報のリストを含むデータ構造です。

SQLCAには、埋め込みSQLアプリケーションに対する次のようなサポートが用意されています。

  • 結果の報告
  • 警告条件の報告
  • DSNTIARのサポート

埋め込みSQLアプリケーション プログラムは、埋め込みSQL文を実行した結果を表わす戻りコードのSQLCAフィールドを問合わせます。

埋め込みSQLアプリケーションでは、提供されているルーチン(PPRTEXTを参照)を使用して、完全な診断テキストを取得することもできます。

SQLCAは、ストアド プロシージャと同時に使用することはできません。