Teradata Database メッセージ 5712 - 17.10 - 5712 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース メッセージ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1096-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
メッセージ
UNIQUE is not allowed.
説明
CREATE TABLE文の場合、すべてのパーティション列がプライマリ インデックス列のセットに含まれている場合以外は、行パーティション化プライマリ インデックスを固有にすることはできません。ALTER TABLE文の場合、そのテーブルのプライマリ インデックスがすでに固有であるか、プライマリ インデックスと同じ列セットに固有のセカンダリ インデックスがあるか、またはテーブルが空である場合にのみ、UNIQUEを指定できます。また、すべてのパーティション列がプライマリ インデックス列のセットに含まれている場合にのみ、行パーティション化プライマリ インデックスをUNIQUEと指定できます。そして、固有のプライマリ インデックスのプライマリ インデックス列を、すべてのパーティション列を含まないように変更できるのは、NOT UNIQUEが指定されている場合のみです。基本索引が固有へと変更され、その基本索引と同じ列セット上に固有副次索引が存在する場合、その固有副次索引は必要ではなくなるので削除されます。
発生源
RESモジュール
対象ユーザー
エンド ユーザー
注意
一意のセカンダリ インデックスを使用して、一意として列を定義します (すべてのパーティション列がプライマリ インデックス列のセットに含まれていない場合)。
対処法
SQL文を調べ、要求が正しいかどうかを確認します。パーティション化されたプライマリ インデックス ルールに準拠するようにステートメントを変更し、要求を再送信します。